※当サイトは記事内に広告を含みます

ポイントサイトでポイ活

アプリでポイントサイトを選ぶなら【ポイントタウン】byGMO が超おすすめなわけ【紹介コード付き】 

アプリで選ぶならポイントタウンのイメージイラスト

ポイ活人気の高まりもあいまって、最近は「ポイントサイト」を利用する人が急増していますが、ほとんどのポイントサイトはWeb版がメインで、「アプリ」の使い勝手はイマイチというのが現状です。

ポイントサイトとは

「ポイントサイト」は、ECサイトの“広告モール“のようなサイトで、多種多様なオンラインサービスの広告が掲載されています。

ユーザーはポイントサイトに掲載されている広告バナーをタップして、お目当てのECサイトにアクセスし、買い物やサービス利用することで、ECサイトのポイントとは別に、ポイントサイト独自のポイントを入手することができます。

ポイントサイトで貯めたポイントは、現金をはじめ、各社のポイントサービスやPayなどに交換できるため、ネットショッピングや宿泊予約などをする際に、ひと手間かけて、ポイントサイトを「経由」するだけでお小遣い稼ぎができる、手軽で、お得なポイ活ツールとして人気を呼んでいます。



Web版をスマホのホーム画面に追加して使用すれば、それほど不便なく使えるは使えるのですが、その都度ログインするのはやはり面倒ですし、サクサク感もアプリに比べればだいぶ劣ります


ポイントサイトには、多数のECサイトの広告が掲載されていますので、たくさんの情報をまとめて掲載・管理するにはWeb版が適しているのはわかりますが、ポイントサイトを”経由”して目的のECサイトにアクセスする際に、ひと手間ではなくて、ふた手間かそれ以上かかるのは、少々ストレス。

アプリであれば、よく使うショップをブックマークしておけば、タップして数秒で目的のサイトにアクセスできるのですが、操作性があまり良くないか、アプリ自体が存在しないポイントサイトも多いので、筆者の場合、利用しているポイントサイトの半数以上はWeb版を使用しています。


ただ、中には優秀なアプリもあって、数は少ないですが、アプリ利用の方がおすすめのポイントサイトもあります。

そして、さらにその中でも、最もおすすめなのが、GMOグループが運営する「ポイントタウン」です。

ポイントタウンアプリの何が優秀かというと、操作性や閲覧のしやすさが抜群なのに加えて、アプリを使うことで、さらにポイントが稼ぎやすくなるという点が何よりの魅力。


ひと手間かけて使っている感がほとんどなく、片手間にサクサク利用できて、おまけにアプリ独自のポイントも貯まるポイントタウンは、ポイントサイトを利用するのは初めてという方にも超おすすめのアプリです。


本記事では、ポイントタウンの他のサイトにはないメリットや、おすすめの稼ぎ方について順に紹介していきますので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。



尚、「説明を読むのは面倒なので、とりあえず使ってみたい」という方は、下記の招待リンクから登録後、アプリをダウンロードしてさっそく使ってみてください。

招待リンクから登録後に下記条件を達成すると、招待登録特典として2,000ポイント(2,000円相当)がもらえます。


最初にアプリをダウンロードして、アプリ用招待コードを入力しても、同じく招待特典がGETできます。

【招待リンク】

ポイントタウン登録ページ(招待コード自動適用)

ポイントタウン招待バナー



【アプリ用招待コード】 →Copyをタップ

Ke6m9FPZNcKRE
ポイントタウン byGMO - ポイ活でお小遣い稼ぎ!

ポイントタウン byGMO - ポイ活でお小遣い稼ぎ!

GMO Media, Inc.無料


【招待特典】

招待リンクからの登録、またはアプリにアプリ版招待コードを入力して登録 → 入会月の翌々月末日までにポイントサイト内の広告案件利用で5,000ポイント以上獲得(要承認済)→ 「ミッションクリアdeポイント」として2,000ポイント(2,000円相当)付与





ポイントタウンは、どこよりも「稼ぎやすい」ポイントサイト

サイト基本情報評価(★★★)
ポイント交換レート1ポイント=1円★★★
最低交換ポイント100pt(100円相当)以上★★★
ポイント有効期限最後にポイントを取得した日より1年★★★
交換手数料現金:無料4/有料7★★
その他:無料30/有料4
会員ランク制度ランクアップのしやすさ→★★★
ランク特典の手厚さ→
お買い物保証制度予定明細に未記載→なし★★
予定明細に記載済→あり


I

100円から交換可能なのはポイントタウンだけ

ポイントサイト利用で獲得したポイントは、現金をはじめ、各社の共通ポイントやPayなどに交換できますが、各ポイントサイトごとに、交換可能な最低ポイント数が決まっています

大手が運営する優良ポイントサイトの場合、おおむね300〜500円相当からが通例


最低交換ポイント数に達していない場合は交換自体ができませんので、最低交換ポイント数が高額のサイトは、「ポイント交換のしにくいサイト」ということになります。

そもそも、最低交換ポイント数があまりに高額のサイトは、ユーザーがなかなかポイント交換できないようにしているアンフェアなサイトということができますので、使用を避けた方が無難です。


逆に、最低交換ポイント数が低額設定のサイトは、ユーザーが稼いだポイントを自社でプールすることなく、漏れなく還元しようというスタンスの良心的なポイントサイトと言えます、


その点、「ポイントタウン」の最低交換ポイント数は、100円から交換可能で、数あるポイントサイトの中でも飛び抜けて低額設定

ポイントサイトの広告案件の中には、クレジットカードの申し込みのように、一度の利用で数千円相当のポイントが獲得できる高額案件もありますが、初心者の場合は、まずは還元額が数十円や数百円の案件から始めて、ポイントサイトのシステムに慣れるのがおすすめですので、最低交換額が100円からというのは、ポイントタウンならではの極めて安心かつ嬉しい設定です。


ポイント交換時の手数料がほぼ無料

ポイントサイトを利用する際に、最低交換ポイント数と並んで重要なのが、ポイント交換時の手数料の有無です。


ポイントサイトによっては、半数以上の交換先で交換手数料がかかるものもあります。

特に少額の交換の場合は、この交換手数料が馬鹿になりません


ポイントタウンは、銀行の振込み手数料のみは有料のところが多めですが、共通ポイントやPay、ギフト券など、その他の交換先の9割以上で交換手数料が無料なので、「手数料がもったいなくて交換したいものに交換できない」ということがほとんどありません。


有料が多い銀行振込みに関しても、交換対象の11銀行中4つの銀行では無料で、筆者が利用している楽天銀行も振込み手数料無料で現金交換することができます。

筆者は、ポイントサイトで稼いだポイントは全て「楽天銀行」に交換していますが、現在、筆者が利用している他のポイントサイトと比較すると、楽天銀行振り込みの最低交換ポイント数と、交換手数料は、以下のようになっています。

ポイントサイト名最低交換ポイント数(円換算)交換手数料
ポイントタウン100円無料
ハピタス500円無料
モッピー300円60円
ポイントインカム500円50円
ECナビ500円50円
ちょびリッチ500円無料
ワラウ1,000円無料
アメフリ400円無料


I

筆者は、これまで20個近いポイントサイトを利用してきましたが、上記はいずれも、現在筆者が使用している優良サイトです。

どのサイトも実績充分の安全性の高いサイトで、特長や特色に若干の違いはありますが、おすすめのサイトばかりです。

そのおすすめサイトで比較しても、楽天銀行への現金振込で、ポイントタウンの「交換のしやすさ」がきわだっているのが理解していただけるかと思います。


歩数計やスタンプラリーなど、アプリの稼げるメニューが充実

ポイントタウンの「稼ぎやすさ」で、もうひとつ他のポイントサイトに優っている点が、冒頭でもふれた「アプリの優秀さ」です。


アプリの使いやすさは、実際に使っていただいて実感していただくしかありませんが、ポイントタウンアプリの魅力は、何といっても「アプリ独自の稼げるメニュー」が優秀であることです。


以下のアプリメニューは、どれも初心者でもコツコツと稼ぎやすいコンテンツばかりで、このアプリメニューだけでも、1ヶ月続ければ、100円のポイント交換ラインには楽に到達できるものですので、登録したらまずはこれらのコンテンツから、ぜひ試してみていただければと思います。


ポ数計

ポ数計画面


ポイントタウンアプリの独自コンテンツのイチオシは「ポ数計」

歩数でポイントが貯まる歩数計コンテンツです。


歩数でポイ活ができるアプリと言えば「トリマ」がよく知られていますが、「ポ数計」の一番のメリットは、歩いて貯めたポイントがポイントサイトのポイントと合算できるところで、これが単独の歩数・移動アプリとの一番の違いです。


歩数・移動アプリは、スマホを持って歩いたり移動したりするだけでポイントが貯まるお手軽なポイ活方法として人気ですが、どれも基本はチリツモで、稼げる額は月に50〜100円程度のものが一般的です。

ポ数計も単独では月に150円程度がMAXのポイ活額ですが、ポイントタウンの場合、メインの広告案件利用や、その他のコンテンツで稼げるポイントと合わせることができるので、それらを合算するとそこそこのポイ活成果になります。

特にポイントサイトを始めて間もない頃は、アプリのダウンロードや、無料会員登録といった少額の案件利用が中心になるかと思いますので、ベースとして毎月ポイント交換可能ラインまで稼げる、ポ数計のようなメニューがあるのは重宝します


余談ですが、ポイントサイトの中で、他にこのような歩数計コンテンツがあるのは、「ポイントインカム」のみであることを考えると、これをアプリに実装するのは、運営会社としては、けっこう思い切ったポイントの“大盤振る舞い”なのでは?と推察します。


尚、歩数・移動で貯まるポイ活アプリに興味のある方は、筆者の厳選おすすめアプリ20種を下記で紹介していますので、参考にしてみてください。

おすすめ記事
【2024.7】歩く&移動でポイ活!複数アプリ併用ならこれがおすすめ!

以前、スローライフの楽しみのひとつとして「トリマ」をやってみた話を書きました。 何せシニアと呼ばれる歳になるまで、「歩いて移動するだけで稼げるアプリ」というものがあることを知らなかったものですから、そ ...



アンケート

アンケートページ画面


ポイントタウンのアプリには「アンケート」に答えてポイントが稼げる機能が搭載されています。


アンケートコンテンツの良いところは、物品を購入したり、会員登録のように個別サイトに登録したりすることなく、毎日ポイントを貯められるところです。

また、基本、チリツモではありますが、コツコツ地道に回答していると数百円単位でけっこうポイントが稼げる点にあります。


アンケートコンテンツ自体は、多くのポイントサイトに搭載されているのですが、ポイントタウンのアンケートの特長は、アンケート配信数の豊富さと、高額ポイントが獲得できるアンケートがあることです。

これは、ポイントタウンの運営元でもあるGMOグループの一員である「GMOリサーチ」というリサーチ専門会社が、主なアンケート配信元になっているから。

しかも、アプリでサクサクと回答できて、Web版のスマホ使用にありがちな読みづらさ、回答のしにくさが無いことも、ポイントタウンのアンケートのメリットです。


もちろんアンケート回答で得られたポイント(100コイン=1ポイントに自動変換)も、獲得ポイントに合算されますので、広告案件の利用が無い月でも、先の「ポ数計」と、この「アンケート」だけで、交換可能ライン以上のポイントが楽に稼げます。


尚、ポイントタウンアプリのアンケートを利用に加えて、さらにアンケートで稼ぎたい人は、「GMOリサーチ」が運営する「infoQ」というアンケートモニター専門のサイトがあります。

「infoQ」で獲得したポイントは、ポイントタウンのポイントに等価交換できますので、これも合算すれば、さらに大きくポイントを稼ぐことができます。


「infoQ」や、他のアンケートモニターサイトに興味のある方は、おすすめの12サイトを下記にまとめましたので、こちらも参考にしていただければと思います。

おすすめ記事
【2024.7】アンケートで稼げるポイ活なら、この【アンケートモニターサイト】がおすすめ!

筆者は50代でポイ活を始めました。 最初のきっかけは「トリマ」。 歩数と移動距離でポイントが貯まる超人気ポイ活アプリです。 当初は、スローライフの楽しみのひとつ、ちょっとした節約の一貫くらいに考えてい ...



スタンプラリー

スタンプラリー画面


ポイントタウンには、さらにアプリ利用のみの特典として「スタンプラリー」があります。


ポイントタウンアプリには、「毎日ポイントが貯まる」コンテンツとして、ポ数計やアンケートのほかにも、「ガチャ」「おみくじ」「星占い」「クイズ」「ゲーム」などのミニコンテンツが多数用意されています。

これらのうちスタンプラリー対象のコンテンツを1つプレイするごとにスタンプを1つと報酬を獲得でき、1日にスタンプ5つでデイリーミッション達成→デイリーミッションを7日継続して達成するとウイークリーミッション達成の報酬がもらえます。


あくまでおまけ的な報酬ですが、チリも積もればで、隙間時間に楽しみながら続けていると、それなりのポイント加算になりますし、アプリ限定の特典ですので、ぜひ利用してみてください。


ポ数計と、アンケートもスタンプラリー対象に含まれますので、あと3つは「ガチャ」「動画でスタンプ」「ポイントQ」あたりが、時間もかからなくてサクッとできるので、筆者的にはおすすめです。



ポイントタウンは「安心して利用できる」優良サイト

企業情報評価(★★★)
累計会員数900万人以上★★★
運営歴1999年〜★★★
運営会社GMOメディア株式会社(東証グロース上場
https://www.gmo.media
★★★
個人情報保護ISMS認証(※1)★★★
JIPC(※2)加盟の有無加盟★★★
※1:情報セキュリティー管理の国際基準適合認証 https://isms.jp/isms/
※2:一般社団法人日本インターネットポイント協議会 https://www.jipc.jp


I
ポイントサイトでは、ショッピングやサービス利用時のデータ通信の個人履歴をもとにポイントが付与されます。

また、銀行振込を指定する場合には口座情報の登録も必要になりますので、情報セキュリティーに対する備えが堅固で、個人情報漏洩リスクが限りなくゼロに近い、安心して利用できるサイトを選ぶことが必要不可欠です。


そのためには、ポイントサイト運営企業の社会的信頼度や、サイト運営年数、会員数などの企業情報をチェックして、充分信頼できるサイトのみを利用することが、ポイントサイト選びの大前提、必須要件になります。


運営元は東証グロース市場上場企業

ポイントタウンを運営する「GMOメディア株式会社」は、インターネット関連事業の最大手のひとつで東証プライム上場企業の「GMOインターネットグループ株式会社」の傘下企業

「GMOメディア株式会社」自体も、東証グロース上場企業で、企業としての規模・基盤は充分な信頼に足る運営母体です。


また、ポイントタウンのサービス開始年は1999年と、20年以上の運営実績を有しており、累計会員数も900万人以上、アプリ300万ダウンロード以上と、サイトとしての信頼度、運営システムの安定性も極めて高いポイントサイトです。


個人情報保護・情報セキュリティー施策

ポイントサイトに限らず、個人情報を扱う企業は全て、法令で定められたルールを遵守し、個人情報保護のため適切な施策を実施しなければなりません。


企業の個人情報保護施策が適切に行なわれているかを、客観的に判断する目安となるのが、企業とは無関係の第三者機関が審査し、適切であることを認証する「第三者認証」と言われる制度です。


個人情報保護を目的とする第三者認証には、P(プライバシー)マークのほか、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)、TRUSTe(トラストイー)があります


3つの認証制度の違いについて細かく説明するのは割愛しますが、このうちいずれかの第三者認証を受け、対外的に安全管理措置を公表していることは、安全で安心して利用できるポイントサイトであることの大きな判断要素になります


ポイントタウンを運営するGMOメディア株式会社は、ISMSの認証を受けており(https://www.gmo.media/isms/)、ポイントタウンは、個人情報保護の観点からも安心して利用できるポイントサイトということができます。


「お買い物保証制度」で、もしもの時も安心

お買い物保証制度説明画像

画像引用:ポイントタウン https://monitor.macromill.com/


「お買い物保証」制度とは、ポイントサイト経由で商品を購入したにもかかわらず、何らかの原因でポイントが付与されない状況が発生した時に、ポイントの付与を保証してくれる制度のことです。

今でこそ、主要なポイントサイトのほとんどが実施している標準的なサービスですが、ポイントタウンは、業界で最も早い段階からこの制度を取り入れ実施しています。


ポイントサイトは、システム内や事業者間で膨大な購買データがやり取りされますので、こうしたポイントの付与漏れは、ごくまれにあり得ます。

そうした「もしも」の時に備えて、保証制度のあるポイントサイトを選ぶことが賢明な判断です。



ポイントタウンは 「会員ランク制度」がどこよりも手厚い

ランクアップのしやすさがダントツ

ほとんどのポイントサイトには、「会員ランク制度」があります。

ポイントサイトの利用状況により会員ランクがアップしていき、上位ランクになると利用時の還元ポイントが上乗せされるなどの特典が付く制度です。


それ自体は嬉しい制度なのですが、ランクアップのしやすさや、特典の手厚さは、ポイントサイトによって大きな開きがあります

一見、お得な制度に見えるものの、実際は、ランクアップの条件が厳しく、一部のヘビーユーザーのみの特権で、一般的な利用者には、“見せかけ”だけのランクアップ制度になっていたり、特典適用の対象が、一部のショッピング案件のみになっていて、ランクアップしても実際にはなかなか特典を受けられなかったりもします。

パッと見だけで、そのサイトの会員ランク制度の良し悪しを判断するのは、特に初心者にはなかなか難しいものがあります。


その中にあって、比較的簡単にランクアップできて、特典を最も受けやすい会員ランク制度をひとつあげるとすれば、今のところポイントタウンが頭ひとつ抜けて手厚い制度になっています。


ポイントタウンの会員ランクは全部で6段階。

具体的には下記のようになっていて、それぞれのランクで下記の承認回数(利用件数)と、獲得ポイント数を共に達成するごとに次のランクに昇格します。

「ランクアップ対象」タグの付いた広告サービスの利用が対象となりますが、ショッピング案件はもちろん、無料会員登録などのサービス利用案件でも多数の案件がランクアップ対象になっていますので、とにかくランクアップしやすいのが特長です。


会員ランク制度画像

画像引用:ポイントタウン https://monitor.macromill.com/


会員ランク特典の手厚さも魅力

ランクアップのしやすさに加えて、ランクアップ特典の手厚さ、そして特典適用対象の幅広さもポイントタウンの魅力


具体的には、各ランクごとに、下記の特典が付与されます。

ランク特典は「ランク特典対象」タグの付いた広告サービスの利用のみが対象となりますが、こちらも「ランクアップ対象」と同じく、多数の案件が対象となっています。


会員ランク特典画像

画像引用:ポイントタウン https://monitor.macromill.com/


ちなみに筆者は、「楽天市場」や「楽天トラベル」利用時は、必ずポイントタウンを経由するようにしていますが、どちらも「ランクアップ対象」および「ランク特典対象」です。

普段は特に会員ランクを意識することはないのですが、普通に利用しているだけで、気がつくとランクアップしていて還元ポイントが増えているといった感じです。


楽天市場などのECモールや、家電、ファッション、コスメなどのネットショップをよく利用する方なら、それこそ”あっという間に”ランクアップしますので、初心者の方でもすぐにポイントタウンの会員ランク制度のメリットを実感していただけるかと思います。


大手のポイントサイトの中にも、けっこう“ハードルの高い“会員ランク制度のサイトもありますので、それらと比べると、ポイントタウンの会員ランク制度からは、運営企業の企業体力と、既存ユーザーに手厚い運営姿勢が感じられます。




ポイントタウンは「楽天」の買い物・サービス利用に最適

筆者は「楽天市場」や「楽天トラベル」をはじめ、楽天のサービスは全てポイントタウンを利用しています。

理由は、楽天のサービスと連携して利用するなら、ポイントタウンを使うのがどのポイントサイトを使うよりメリットが大きいからです。

楽天市場・楽天トラベルのポイント還元率が最高峰

まずは、ポイントサイトを選ぶ際の基本「ポイント還元率」です。

買い物をした際に、購入額の何パーセントがポイントとして戻ってくるかを表した値がポイント還元率です。


楽天市場のポイント還元率は、ほとんどの主要ポイントサイトで1%になっており、各サイトが期間限定で実施するキャンペーン時以外は、一部のサイトを除き同率となっています。

この通常還元率に、最上位ランクの会員であると仮定して、ランク特典分を上乗せした合計額で比較すると、下記のようになります。

ポイントサイト名通常ポイント還元率最上位ランクの場合の
加算分
ポイントタウン1%×15%
ハピタス1%×5%
モッピー1%×15%
ポイントインカム1%×15%
ECナビ0.5%×15%
ちょびリッチ1%×15%
ワラウ1%×5%
アメフリ案件なし


I
上の表だけで見ると、還元率とランク特典の合計が上位の4サイト(ブルーのセル)は、どれをを選んでも差が無いように思えますが、実際はそうではありません


それでは、次に、楽天市場の利用額を具体的に想定して比較してみます。


総定額は、「日常的に楽天市場でまとまった額の買い物をする人」と仮定して、月に20,000円と設定します。

尚、この数値は、2023年総務省統計局の調べによる、一人当たりの月間ネットショッピング平均支出額(23,021円)を元にしています。


月に20,000円、半年間に楽天市場で120,000円(楽天市場だけの支出としては多めかとは思いますが)を使い、全てポイントサイトを利用したとして、翌月の各ポイントサイトの会員ランキングと、ランク加算分を比較したのが、下の表になります。

ポイントサイト名到達会員ランク名称通常ポイント還元率ランク加算分
ポイントタウンゴールド会員1%×8%
ハピタスブロンズ会員1%×1%
モッピー通常会員1%加算なし
ポイントインカムシルバー会員1%×2%
ECナビシルバー会員0.5%×5%
ちょびリッチブロンズ会員1%加算なし
ワラウシルバー会員1%×2%
アメフリ案件なし


I
ブルーのセルは、最上位ランクの比較では、ポイントタウンと同じく×15%のランク加算があったポイントサイトですが、現実的な購入額で比較してみると、ポイントタウン以外のサイトは会員ランキングがそれほどアップせず、ランク加算も少ないことがわかります。


楽天市場の利用とは別に、ポイント還元率の高い別案件も多く利用すれば、他サイトでも上位ランクにアップすることはもちろん可能ですが、「楽天市場を利用するなら、どのポイントサイトがいちばんお得か」ということに限って言えば、ポイントタウンの利用がいちばんお得であることは、間違いのないところかと思います。


尚、「楽天トラベル」で比較した場合も、ほぼ同条件の結果になります。

宿泊予約やレンタカー予約など、旅行・出張関連の案件は単価が高いものが多くなりますので、わずかな還元率の違いが獲得ポイントの大きな差になります。


楽天銀行の振り込み手数料が何回でも無料

楽天のサービスは、組み合わせて使うと獲得できるポイントがどんどん増えて、対象となる14サービスを全て組み合わせれば、楽天市場での買い物で獲得できるポイントが最大17倍にもなります。

詳しくは楽天の公式サイトで、SPU(スーパーポイントアップ)プログラムをご確認いただければと思いますが、楽天銀行もこのSPUの対象サービスのひとつ

楽天銀行口座で楽天カードの引き落としをすると、さらに0.3%(最大0.5%)ポイントが加算されます。


また、楽天銀行は、ATMの入出金や振り込み時に楽天ポイントが獲得できるほか、会員ステージが上がれば付与ポイントの増量など様々な特典を得ることができるため、ポイ活収益を管理する専用の口座としても最適です。


最初の、「ポイントタウンは、どこよりも『稼ぎやすい』サイト」のところでもふれましたが、ポイントタウンは、楽天銀行の振り込み手数料が何度でも無料で、しかも100円からポイント交換可能ですので、こまめに交換することで取引件数を増やし、楽天銀行の会員ステージをアップさせることも可能です。

楽天銀行の口座をまだお持ちでない方は、ポイントタウンを経由して申し込むことで通常600ポイント(600円)が還元されます


楽天銀行の口座開設は、「ランクアップ対象」ですので、会員ランクのアップにも役立ちます。


還元されるポイント数は、時期によって増量される時もありますので、現時点での還元ポイント数は、下記をタップして随時確認してみてください。

尚、口座開設の際は、下記リンクからの登録・利用でも招待コードが自動適用されますので、招待特典の対象になります。


楽天銀行「口座開設」(ポイントタウンリンク)

ポイントタウン楽天銀行リンク



楽天カード作成時もポイントタウンは要チェック

普段、楽天市場を利用されている方は、楽天市場での買い物を楽天カードで決済すると楽天ポイントが3倍になるということをよくご存知かと思います。

「楽天カード」は、楽天市場や楽天銀行と組み合わせて使うと、獲得ポイントが最大3.5倍になり、楽天SPUプログラムで必須のアイテムになっています。

ですので、楽天市場をよく利用される方でまだ楽天カードをお持ちでない方は、ぜひ作られることをおすすめします。


もちろん、お申し込みの際は、必ずポイントサイトを経由することをお忘れなく!

クレジットカードの申し込みは高額ポイントをGETするチャンスです。


ポイントタウンは、楽天ポイントカードの発行申し込みにおいても、還元ポイントがトップクラス

また、楽天カードの発行は、楽天銀行口座開設と同様、「ランクアップ対象」です。


獲得できるポイント額は、通常1,400ポイント(1,400円)ですが、ポイントタウン独自のキャンペーンや、楽天のキャンペーンと連動して大きく増量する時もありますので、現時点での還元ポイント数は、下記バナーをタップして随時確認してみてください。


尚、カード発行の際は、下記リンクからの登録・利用でも招待コードが自動適用されますので、招待特典の対象になります。


楽天カード(ポイントタウンリンク)

ポイントタウン楽天カードリンク



アプリ利用でミニ特典もあり

ポイントタウンのスマホアプリから楽天市場を利用すると、アプリ限定の特典「ガチャチケット」が入手できます。

ポイントタウンの「ガチャ」は「毎日貯める」メニューのひとつで、毎日1回ログイン時に入手できるチケットでガチャが1回引け、抽選結果に応じて景品のコインを獲得できます。

ガチャ特典画像
ガチャ説明画像


楽天の買い物で入手できるチケットは、ログインチケットとは異なり、獲得してから7日間有効期間がありますので、これを貯めておいて、「0と5のつく日」に2回目以降のガチャに使うと、獲得コインが2倍になります。


「ガチャ」自体は、ちょっとしたおまけコンテンツなので、これでポイントをガッツリ稼ぐというものではありませんが、ちょっとした楽しみとチリツモ精神でもらえるものはもらっておきましょう。



ポイントタウンは「手数料無料」のポイント交換先が豊富

以下は、ポイントタウンで貯まったポイントを交換できる交換先の一覧です。

銀行振込み以外は9割以上の交換先が無料になっていますので、手数料の制約をほぼ受けないという点でも、ポイントタウンの交換先は豊富ということができます。

電子マネー・ギフトに交換する

電子マネー・ギフト最低交換額手数料
Amazonギフトカード96ポイント▶100円無料
PayPayマネーライト500ポイント▶500円分無料
Apple Gift Card500ポイント▶500円分無料
Vプリカ1,000ポイント▶1,000円分無料
WebMoney100ポイント▶100円分無料
au PAYギフトカード100ポイント▶100円分無料
EdyギフトID500ポイント▶500円分無料
nanacoギフト500ポイント▶500円分無料
Google Playギフトコード500ポイント▶500円分無料
WAONポイント110ポイント▶100ポイント10%
Pontaポイントコード500ポイント▶500ポイント無料
WAONポイントID510ポイント▶500ポイント2%
DMMポイントコード485ポイント▶500円分無料
Uber Eatsギフトカード485ポイント▶500円分無料
出前館クーポン485ポイント▶500円分無料
ビットコイン485ポイント▶500円分無料
Visa eギフト vanilla485ポイント▶500円分無料
プレイステーションストア チケット1,067ポイント▶1,100円分無料
すかいらーくご優待券485ポイント▶500円分無料


現金に交換する

金融機関最低交換額手数料
ゆうちょ銀行550ポイント▶500円50ポイント
三菱UFJ銀行550ポイント▶500円50ポイント
みずほ銀行550ポイント▶500円50ポイント
三井住友銀行550ポイント▶500円50ポイント
りそな銀行550ポイント▶500円50ポイント
楽天銀行100ポイント▶100円無料
PayPay銀行550ポイント▶500円50ポイント
住信SBIネット銀行500ポイント▶500円無料
GMOあおぞらネット銀行100ポイント▶100円無料
イオン銀行550ポイント▶500円50ポイント
PayPal10ポイント▶10円無料


ポイントに交換する

ポイント最低交換額手数料
GMOポイント100ポイント▶100円分無料
ゲソコイン100ポイント▶100円コイン無料
Vポイント108ポイント▶100vポイント8%
Pexポイント100ポイント▶100ポイント無料
リクルートポイント100ポイント▶100ポイント無料
Pontaポイント110ポイント▶100ポイント10%
nanacoポイント100ポイント▶100ポイント無料
ドットマネーby Ameba500ポイント▶500ポイント無料
dポイント100ポイント▶100ポイント無料
チャレンジコイン30ポイント▶30コイン無料


マイルに交換する

マイ最低交換額手数料
ANAマイレージクラブ350ポイント▶100マイル無料
JALマイレージクラブ1250ポイント▶500マイル無料


募金に交換する

募金最低交換額手数料
令和6年 能登半島自身災害義援金1ポイント▶1円無料
チャイルド・ファンド・ジャパン1ポイント▶1円無料


投資に交換する

投資最低交換額手数料
トラノコ5ポイント▶5円無料




ポイントタウンアプリは「初心者」にも使いやすい

この記事ではポイントタウンアプリの稼ぎやすさ、使い勝手の良さについて、順に説明してきましたが、最後に実際のスマホアプリの画面を用いて、広告案件やアプリ独自メニューの使い方を簡単に説明しておきます。


ポイントタウンアプリの特長は、導線がはっきりしていて目的のコンテンツにたどりつきやすく、初心者の方でも簡単に使える点が特長ですので、最初にざっと、各メニューの「入口」と操作の流れだけ覚えてしまえば、感覚的にすぐ使いこなせます。

スマホ画面で、実際にどうするのかを見てみましょう。

お目当てのショップ・サービスを使ってみよう

楽天市場や楽天トラベルなど、普段よく使うネットショップやサービスが決まっている方は、初回だけショップ名を入力して検索し、「お気に入り登録」しておけば、次回からアプリを開いて数秒で目的のショップサイトにアクセスすることができます。

アプリを開いて、画面下の「探す」マークをタップ

スマホ画面説明1


検索窓に、ショップ名を入力して検索

スマホ画面説明2


検索結果のメニューからお目当てのショップをチョイス

スマホ画面説明3


「正しくポイントを獲得するために」の注意事項を確認

ポイントサイトは、ネットでの購入・サービス利用履歴を追跡し、記録することによって、購入実績を確認しポイントを付与していますので、この設定が正しくされていないと、履歴が残らず、ポイントが付与されません。

特にはじめて利用するときは、スマホの設定が正しいかどうか、きちんと確認してから利用しましょう。

スマホ画面説明4


「⬜︎設定を確認しましたにチェックを入れ「サイトへ行く」をタップ

スマホ画面説明5


ショップ広告の内容を確認

ポイント還元率・ポイント還元数のほか、利用条件(初回のみか何度でも利用可能か)、「ランクアップ対象」「ランク特典対象」「お買い物保証対象」などのタグの有無を確認します。

スマホ画面説明6


利用するサイトの広告であることを確認したらお気に入り登録」をタップ

普段よく使うネットショップやサービスの場合は、次回からの利用のために「お気に入り」に登録しておきましょう。

スマホ画面説明7


「ショッピングでポイントGET」をタップ

スマホ画面説明8


確認画面で「すぐに遷移する」をタップ

通常はタップをしなくても、すこし待てば自動で目的のサイトに遷移します。

スマホ画面説明9


あとは、目的のサイトで普段通り買い物やサービス利用をするだけ

目的のサイトに遷移後、他のサイトや、レビューなど他ページに「寄り道」をすると、ポイントサイト側で履歴が追えなくなってしまうことがあります

そうした場合、購入履歴が記録されず、ポイントが付与されませんので、「寄り道」をした場合は、面倒でも、再度ポイントタウンを開いて、最初からやり直す必要があります


⑪「お気に入り」案件を再度利用する時は、トップ画面の「≡メニュー」をタップ

スマホ画面説明10


画面上部の「☆お気に入り」をタップ

スマホ画面説明11


「お気に入り一覧」から選択してをタップ

お気に入り登録しておけば、次回以降は検索の必要もありませんので、目的のサイトにアクセスするまで10秒もかからないくらいです。

スマホ画面説明12


どんな案件が載っているかチェックしてみよう

時間がある時に、どんなショップが掲載されているか見ておくと、お買い物の際に「そういえばこのショップ、ポイントタウンに載ってた」と気づくことができますので、ポイントの取り漏らしを防げます。

アプリを開いて画面下の検索マークをタップ

スマホ画面説明13


画面を下にスクロールして、カテゴリーから選択

検索カテゴリーには、「ショッピング」「サービス」に加えて、「貯め方」というカテゴリーもあります。


<ショッピング>

スマホ画面説明14


<サービス>

スマホ画面説明15


<貯め方>

スマホ画面説明16


表示されたショップと還元率(ポイント数)をチェック

カテゴリーごとのショップ一覧は、「新着順」で表示されていますが、ショッピングカテゴリーの場合は「還元率順」、サービスカテゴリーの場合は、「ポイント数順」でも並べ替えられます

スマホ画面説明17


お得なキャンペーン情報をチェックしてみよう

ポイントタウンでは、毎月20日~27日の7日間、日替わりで1つの広告サービスがポイントアップする「タウンdeウィーク」をはじめ、還元率や還元数がUPするお得なキャンペーンが常時開催されています。

また、「楽天サービス特集」など、サービス対象ごとのキャンペーンも頻繁に実施されますので、少し慣れてきたら、そうしたイベント情報を普段からチェックし、最適なタイミングで利用するのもポイント収益をアップさせる有効なテクニックです。

イベント情報は、アプリのトップ画面から簡単にチェックできます。

まずはトップ画面上部のスライドバナーをチェック

スマホ画面説明18


画面を下にスクロールして、他のお得情報をチェック


「本日の目玉」「数量限定!先着ボーナス」「注目のイベント情報」など最新のお得な情報が掲載されています。

スマホ画面説明19


「毎日貯める」メニューでポイ活しよう

「毎日貯めるメニュー」には、記事中で紹介した「ポ数計」や「ガチャ」、「スタンプラリー」など、楽しみながらお手軽にポイントが貯められるコンテンツがたくさんあります。

画面下の「毎日貯める」マークをタップ

スマホ画面説明20


最初はこのコンテンツからがおすすめ

スマホ画面説明21


画面を下にスクロールするとスタンプラリーも

スマホ画面説明22


貯まったポイントは「マイページ」で確認

ポイントの確認画面が見にくいサイトは意外と多くあります。

今月の確定ポイントがいくらで、先月はいくらいで、現在確定待ちのポイントがどれくらいあって、その履歴は・・と、いろいろと確認したいのですが、見たい内容が別のページに分かれて表示されていたりして、不便に感じることがよくあります。


その点、ポイントタウンのポイント確認画面は、マイページにほぼ全ての情報がわかりやすく集約されていて、知りたいことが人目でわかる作りになっていて、とても秀逸です。

マイページはここからワンタップで

スマホ画面説明23



まとめ

ポイントタウンのメリット、中でもアプリ利用のおすすめ点について、順番に紹介していたら、記事がかなり長くなってしまいました。

ここまでお読みいただけた方、読み飛ばしてここまで来てくれた方も含め(笑)、ありがとうございました。


最後にポイントサイトの、より上手な(?)利用方法について、ちょっとだけ付け加えておきます。

ひとつは、「複数のポイントサイトに登録して還元率を常に比較しつつ利用すること」、そしてもうひとつは「ポイント還元率のちょっとした差にあまりこだわりすぎない」こと、です。

このふたつは矛盾するようですが、要は、無駄な機会損失を避けつつ、リソースをなるべく集中させることが肝要。

広告案件を利用する時は、複数のポイントサイトを比較し、どのポイントサイトが最も好条件かを把握した上で、極端に低い条件のポイントサイトは、その案件では利用しないこと。

その上で、差がわずかであれば、多少還元率が低くてもメインで使っている相性の良いポイントサイトを優先的に使うこと。

これをすることでポイントを集中させ、より長期的に見てメリットが大きい会員ランクのアップを狙っていくのが得策かと思います。


そうなると、どのポイントサイトをメインで使うかが重要になってきますが、メインのサイト選びは、どんな用途をメインとするかによって変わってきます。

ショッピング利用がほとんどなのか、歩数計やアンケートなどのポイ活利用がメインなのか、あるいは、ポイ活ツールとして積極的に活用したいのか、節約ツールとしてマイペースで使っていくのか、それらによって変わってきます。

そうした観点から言うと、ポイントタウンは、「主にはじめてポイントサイトを使う方」、「ポイントサイトのメリットをバランス良く楽しみながら使っていきたいという方」に一番おすすめのサイトです。


筆者は、ポイントタウンをメインサイトのひとつとして使っていますが、もしポイントタウンをメインサイトにしていなかったら、ここまでポイントサイトにハマっていなかったかもしれない(笑)と思うくらい、気に入って利用しているサイトです。


最後に招待リンクを再掲します。

招待リンクから登録後に下記条件を達成すると、招待登録特典として2,000ポイント(2,000円相当)がもらえますので、よかったら使ってください。

最初にアプリをダウンロードして、アプリ用招待コードを入力しても、同じく招待特典がGETできます。


あらためて、最後までお読みいただき、ありがとうございました。


【招待リンク】

ポイントタウン登録ページ(招待コード自動適用)

ポイントタウン招待バナー



【アプリ用招待コード】 →Copyをタップ

Ke6m9FPZNcKRE
ポイントタウン byGMO - ポイ活でお小遣い稼ぎ!

ポイントタウン byGMO - ポイ活でお小遣い稼ぎ!

GMO Media, Inc.無料


【招待特典】

招待リンクからの登録、または登録時にアプリ版招待コードを入力 → 入会月の翌々月末日までにポイントサイト内の広告案件利用で5,000ポイント以上獲得(要承認済)→ 「ミッションクリアdeポイント」として2,000ポイント(2,000円相当)付与




尚、ポイントタウン以外のおすすめポイントサイトについては、以下の記事でまとめています。よろしれば参考にしてみてください。

おすすめ記事
point-site-image
【2024.7】おすすめポイントサイトを比較。今月の新規登録・紹介キャンペーンはコレ!

筆者は50歳を超えてはじめてポイントサイトを始めました。 歩数系ポイ活アプリの「トリマ」を知ったことがきっかけでポイ活にはまり、その他のポイ活アプリへ使用範囲を広げていったのですが、「ポイントサイト」 ...

-ポイントサイトでポイ活