※当サイトは記事内に広告を含みます

歩く&移動でポイ活

“シンプルイズ・ベター“な移動ポイ活アプリ【ぴよクエ】のシンプルさはどこまでもつ?


スマホにアプリを入れて移動するだけでポイントが貯まるポイ活アプリ、と言えば「トリマ」が圧倒的によく知られていますが、移動ポイ活アプリには、大きく2つのタイプがあります

ひとつは、歩いた歩数に応じてポイントが貯まる「歩数カウント型」ポイ活アプリ

もうひとつは、GPSで移動距離を計測してポイントが貯まる「移動距離カウント型」ポイ活アプリ

前者が徒歩移動時の歩数のみをポイント付与の対象としているのに対して、後者は徒歩、自転車、電車、バス、車など、様々な移動手段と移動距離に対してポイント付与されるのが違いです。


ちなみに移動距離カウントタイプのものは比較的少数で、アプリの数は片手に少し余る程度(トリマは歩数と距離測定の両方に対応)。

本稿では、その中でも、シンプルな操作性と広告動画の短さが特長の「ぴよクエ」について、紹介します。

移動でマイルを獲得する手順や、マイルからAmazonギフト券への交換方法、1ヶ月間普通に生活して使ってみた場合、どれくらい稼げるかについてまとめてみました。


「説明はいいので、まず自分でやってみたい」という方は、下記よりダウンロードして使ってみてください。

初回登録時に下記のコードをコピーして、招待コード欄に入力すると、40マイルがもらえます。

ぴよクエのポイント交換は600マイル以上なので、最初に40マイルゲットしておくと初期稼働がラクチンです。

招待コード →Copyをタップ

YGWECCI
ぴよクエ-楽しく育ててポイント貯まる

ぴよクエ-楽しく育ててポイント貯まる

Data Insight Inc.無料

ぴよクエの特徴


おすすめ度 ★★

ぴよクエはGPSで移動距離を計測してマイルが貯まる「移動距離カウント型」のアプリですが、ポイ活アプリとしてのいちばんの魅力は、広告動画の短さにあります。

「トリマ」をはじめとするポイ活アプリの広告動画の長さは30秒程度が一般的ですが、ぴよクエの場合、短いものなら約5秒で視聴をスキップすることができます。

また、画面構成や操作性が極めてシンプルで、特に説明がなくても簡単に馴染める手軽さも魅力。

シンプルで簡単でお手軽なことに加えて、ネーミングやキャラクターの可愛さも相まって、女性ユーザーも多いアプリです。

1ヶ月あたりの獲得可能マイル

※1日あたり約30km移動するとして・・・クエスト利用なしで
300〜360マイルくらい

交換レート

1マイル→約0.167円相当

1ヶ月あたりの獲得可能額

上記の条件で換算した場合、

5060円くらい

尚、私の場合、1日の移動距離は往復40kmくらいありますが、ポイントの「回収」を往路で2回、復路で2回しかやっていませんので、月にするとだいたい40円くらいの月が多いです。

おすすめポイント

広告動画の試聴時間が他のアプリに比べて短い

電車やバスでの通勤・通学と相性good


イマイチポイント

移動履歴を「貯める」チャージ機能が無く、こまめにアプリを開いて「回収」する必要がある

◎移動履歴の読み込みのタイミング&電波状況等によって、カウントされない移動距離(ロス)が多く発生する


アプリ操作の所要時間/1日

上記条件の場合、

約1~2
<内訳>
広告動画視聴+アプリ操作時間平均10秒程度×6回=約1分

運営元

株式会社データインサイト


マイルの獲得方法

①移動でマイルを獲得(手順)

マイルの獲得方法

約3.3km移動ごとに1,000経験値(exp)が貯まる。

▶︎1,000経験値で1レベルアップ

▶︎1レベルアップで2マイル獲得


※1日の獲得上限アリ/上限▷1日42.195km≒13200経験値≒26.4マイル


▼左上に経験値ゲージ、中央下部に現座のマイル数が表示されている


▼移動履歴が読み込まれるとポップアップ画面で表示


▼約3.3km移動で経験値ゲージが満タン(1,000exp)になり、右上の〈レベルアップ〉ボタンがタップ可能になる。


▼〈レベルアップ!〉ボタンをタップすると1レベルアップし、2マイル獲得


②移動でマイルを獲得〈補足〉

操作がシンプルでわかりやすく、広告動画の時間も短めというメリットが魅力のぴよクエですが、

移動で貯まる経験値を貯めておくチャージ機能(トリマの場合の“タンク“)が無いため、以下の不便さもあります。

移動距離チャージができないための不便さ

3.3km移動で経験値ゲージがMAX(1,000exp)になったら、それ以上はチャージできないため、こまめにアプリを開いて、MAXになった経験値を、その都度「回収」しなければならない。

▶︎車の運転中はアプリの操作ができないので、1,000exp(約3.3km移動分)以上は貯まらない。

▶︎電車のように高速で移動する場合は、アプリを開きっぱなしで回収しないとロスが多くなる。


移動距離の情報をアプリが取得するタイミング(だいたい1分くらいおきに取得)によっては、カウントされない移動距離が多く発生する。

〈電車での移動時の計算上の獲得マイルと、実際の獲得マイルの差異例〉

時間経過約1分間約1分間約1分間約1分間合計
電車での移動距離1.5km1.7km1.7km1.7km6.6km
計算上の経験値455exp515exp515exp515exp2,000exp
計算上の獲得マイル4マイル(2レベルアップ)4マイル
実際の経験値 ※1455exp515exp30exp ※2515exp1,515exp
実際の獲得マイル2マイル(1レベルアップ)2マイル

※1:電波やアプリ動作の不具合が無く、移動距離を100%読み込めた場合。
※2:経験値をチャージできないので、経験値ゲージMAX(合計1,000exp)までしかカウントしない。


③クエストでマイルを獲得

「街や公園に設置してあるゴミ箱を撮影して投稿する」などのクエストをクリアすると100〜1,000expが獲得できます。

クエストクリアが「社会貢献にもつながる」というのが、一応、ぴよクエアプリのウリのひとつではありますが、そこそこ面倒な割にそれほど経験値が稼げないので、私は一度もクリアしたことがありません。

企業や自治体からの「クエスト発注」を広告動画掲載と並ぶ収益の柱に、というビジネスモデルなのではないかと想像しますが、クエストの種類が増える様子が特に無いことから、この算段はおそらくあまりうまくいっていないのではないかと思います。


ともあれ、ぴよクエアプリでは、移動以外に経験値を稼ぐ唯一の方法がクエストクリアですので、気が向いた方はチャレンジしてみてください。

▼地図とメニューからクエストを探す


▼各クエストの説明に従って、写真撮影&投稿などのクエストをクリア


マイルの交換方法


アプリの作りや操作がシンプルなのと同様、マイルの交換先もAmazonギフト券のみと極めてシンプル

他社サービス交換可能単位(コイン)交換レート
Amazonギフト券 100円分600マイル1マイル=0.167円

交換は600マイルから可能になっていますので、ある程度マイルを貯めてからになりますが、通勤や通学時に使っていると意外と早く貯まります。


▼600マイル以上貯まったら〈交換〉をタップ


ぴよクエの攻略方法

「攻略方法」と敢えて言うほどの方法はありませんが、移動で貯める手順のおさらいとしてまとめておきます。

攻略方法

☆移動中はこまめにアプリを開いて、貯まった経験値を回収する


☆電車など高速移動の場合は、アプリを開きっぱなしにして移動距離のロスを極力少なくする


1ヶ月でどれくらい稼げる?

ぴよクエは、1日の獲得経験値に上限設定があり、1日42.195km≒13200経験値≒26.4マイルまでしかカウントされません。

1日の移動距離を33km程度として、1ヶ月の収益を試算してみました

1ヶ月にどれくらい稼げる?

“計算上”の値
〈1日の獲得マイル〉
33km÷3.3km=10回レベルアップ(1000exp×10回)
1回レベルアップで2マイル×10回=20マイル

〈1ヶ月の獲得マイルと収益〉
20マイル×30日=600マイル
1マイル0.167円なので、1ヶ月の収益は600×0.167円=100円


“実際の“値
上記でも説明しましたが、ぴよクエは、チャージ機能が無いため、距離情報読み込みのタイミングや、電波状況、他のアプリの影響による動作遅延などの理由で、実際の獲得マイル数よりも、アプリが判定するマイル数がかなり少なくなります。


私が使っている感覚では、だいたい計算上の値の6割程度になりますので、1ヶ月の収益も計算上の値の6割程度になります。

〈1日の獲得マイル〉
33km÷3.3km=10回レベルアップ×6割=6回レベルアップ(1,000exp×6回)
1回レベルアップで2マイル×6回=12マイル


〈1ヶ月の獲得マイルと収益〉
12マイル×30日=360マイルー
1マイル0.167円なので、1ヶ月の収益は360×0.167円=60円


データ通信量の消費について

ぴよクエは、移動ログを自動で取得するタイプのアプリですので、位置情報の取得は「常にON」にしておく必要があります

多少データ通信量は消費しますが、その分、広告動画の視聴時間が短いので、動画視聴に費やす通信データは少なくてすみます

フリーWi-Fiの使用が可能な移動手段を利用の場合は、Wi-Fiに切り替えておくと、さらに通信量の消費を節約できます。


まとめ

2024年2月のレート改変で、3マイル=1円から「6マイル=1円」になってしまったことにより、「移動距離カウントタイプのアプリの中では、そこそこコスパの良いアプリ」という、特長が失われてしまいました。

運営からのお知らせには「広告単価の下落」が理由とのこと。


ぴよクエは、もともと広告動画の短さでユーザーの支持を得てきたアプリですので、マイルのチャージ機能が無い現在の仕様のままでは、長い広告動画を増やして広告収益を増やすことができない、という事情もあるのでしょう。

ともあれ、今回のレート半減で、ぴよクエもついに「チリツモアプリ」になってしまったかと思うと残念です。


個人的には好きなアプリだけに、今後ユーザーにメリットを感じさせる魅力的な施策を打ち出していただき、これからもぴよクエが、“シンプルイズ・ベター“な存在感を発揮する人気アプリであり続けてほしいと思う次第です。


最後にダウンロードリンクと招待コードを再掲します。

招待コード →Copyをタップ

YGWECCI
ぴよクエ-楽しく育ててポイント貯まる

ぴよクエ-楽しく育ててポイント貯まる

Data Insight Inc.無料




◎尚、ぴよクエ以外の歩数・移動距離で稼げるポイ活アプリについては、以下の記事でおすすめアプリ20個を比較紹介していますので、合わせてご覧ください。

おすすめ記事
【2024.6】歩く&移動でポイ活!複数アプリ併用ならこれがおすすめ!

以前、スローライフの楽しみのひとつとして「トリマ」をやってみた話を書きました。 何せシニアと呼ばれる歳になるまで、「歩いて移動するだけで稼げるアプリ」というものがあることを知らなかったものですから、そ ...



◎また、歩数・移動アプリと並んで人気のポイ活、「アンケートモニターサイト」についても、おすすめの12サイトを以下の記事で紹介していますので、興味のある方は参考にしていただければと思います。

おすすめ記事
【2024.6】アンケートで稼げるポイ活なら、この【アンケートモニターサイト】がおすすめ!

筆者は50代でポイ活を始めました。 最初のきっかけは「トリマ」。 歩数と移動距離でポイントが貯まる超人気ポイ活アプリです。 当初は、スローライフの楽しみのひとつ、ちょっとした節約の一貫くらいに考えてい ...



◎ポイ活で「もっとガッツリ稼ぎたい」という方には「ポイントサイト」の利用がおすすめ! 初心者にもおすすめの安全・優良ポイントサイトを以下の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ記事
point-site-image
【2024.6】おすすめポイントサイトを比較。今月の新規登録・紹介キャンペーンはコレ!

筆者は50歳を超えてはじめてポイントサイトを始めました。 歩数系ポイ活アプリの「トリマ」を知ったことがきっかけでポイ活にはまり、その他のポイ活アプリへ使用範囲を広げていったのですが、「ポイントサイト」 ...

-歩く&移動でポイ活